読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cradleの独り言

都内の某大学文学部に通う虚弱学生が綴るアングラな雑記。

伝統文化概論2(第9講)

死→中国では色々議論しながらも、死後の世界は何もないのではないかという考えが主流

儒教の神主(しんしゅ)→親の肉体に宿る魂を先祖の魂まで連れていく行為。死んだ人の「気」は「魂(こん)」(陽の気)と「魄(はく)」(陰の気)にわかれ、「魂」が先祖代々の墓まで運ばれる。この行為は仏教に位牌として取り込まれた。中国・朝鮮は血縁関係がないと位牌に効果がないが日本は養子でも問題無し。日本の祖先信仰は、神は家の中のどこかにいるという考えで成り立っている。

 

中国は血縁関係を重んじ、男子が後継に必要で、かなわない時は、甥、従兄弟、嬪の子が存続。また中国では女は実家の祭りに参加できない。祭りは永遠に残る魂を慰めるもの。日本は家元制度で家職を重んじ、養子を取って家を存続させるのが大事だった。弟子と娘を結婚させる、あるいは親戚の中から男を探す、あるいは養子。(cf.)◯◯屋、芝居、茶道、華道。(cf.)第8講

 

朱熹は弟子に朱性を与えなかった。日本なら養子にして朱性を名乗らせる。

 

儒教的知識人は身内の死が近いと寺(仏教)にいく。死の超克に最大限に答えたものは中国では仏教(極楽、輪廻転生)であった。

 

輪廻転生→悪行を働くと生まれ変わりは地獄に近づく。善行を行うと非業の死を遂げても極楽に生まれ変わりは近づく。(cf.)禅宗の償債

 

インド→死後は遺灰(灰骨)をガンジス川に流す。1回忌、3回忌は儒教の影響でやるようになった。

 

四苦→生老病死

 

後漢 仏教流入

三国

西晋

南北朝 仏教台頭 三国

隋唐 仏教王座 統一新羅

元明清 儒教王座 高麗ー李氏朝鮮

 

東アジア共通の思想変遷

〜中世→仏教強い

近世〜儒教強い

 

南北朝以前は中国の中心は黄河流域だった(漢民族)が、南北朝以降は長江が中心になった(北:異民族、南:漢民族)。南朝北朝ともに仏教が盛んだったが、北朝の方が積極的に寺院を建立し、戒律も厳しく守った。

 

范縝(梁の儒者、450年〜515年)

→神滅論を唱えた。神滅論とは、霊魂は肉体の形質であり、肉体は霊魂の作用であるとし、霊魂が滅べば肉体も滅び、肉体が滅べば霊魂も滅ぶという思想で、輪廻転生を否定するものであった。(cf.)刀は肉体、切れ味は霊魂。

仏教側の反論

→刀を二つに割ると両方が刀として成立し、切れ味は変わらないが、霊魂は二つに分けられないため、この比喩は不適である。

 

→物理的説明(どのように死は起こるのか=「気」が消滅し宇宙に溶けていく)と心理的説明(死後の世界に対してどのように心を安んずるのか)の両方が必要。しかし神滅論は物理的説明のみ。そのため単発に終わった。

 

近世の儒教

張載(張横渠)(1020年〜1077年)

程頤(程伊川)(1033年〜1107年)

人間は海に浮かぶ氷のようである。氷はやがて溶けて海と一体になる。同様に人も自分自身を意識しないことによって、万物を包含する宇宙と一体になれる。宇宙は不滅であるから自分も不滅である。

へその奥に「真元の気」がある。この気を使い切ったら人は死ぬ。孔子の弟子の顔回は節制していたにもかかわらず早死にしたのは彼の「真元の気」が普通の人より少なかったから。→朱熹が継承。呼吸によって「真元の気」が身体をめぐる。

どんな時でも自然であることで、天地万物と一体になり、永遠性を獲得できる。

(cf.)ジョセフ・ニーダム『中国の科学と文明』「気」=matter and energy

 

カトリックのアジア・アフリカ布教の反動(シノワズリ

(cf.)ライプニッツの「モナド」→「気」をヒントに?

(cf.)ボーアの「2進法」→「陰陽」をヒントに?